top of page
marble-white.jpeg

NARRATIVES
BY INTERMEDIATORS

  • 執筆者の写真インターミディエイター事務局

デザイン学生とインターミディエイター:「インターミディエイター講座2024事前ダイアログ&説明会」参加レポート

更新日:6月22日


creative office


インターミディエイター・プログラムでは、「ユース・アンバサダー・プログラム」を実施しています。インターミディエイターに関心のある学生たちが活動に参加し、実体験をレポートしていきます。学生たちがどんな感性で受けとめるのか。お互いにどのようにCo-learningして、成長していくのか。ぜひ見守って応援していただけたら幸いです。こうご期待ください。


第1回目の今回は、ユース・アンバサダーである大学 1 年生の竹原こはるさんが、レポートします。



 

こんにちは!インターミディエイター・ユース・アンバサダーの竹原こはるです。



「インターミディエイター講座2024」に先駆けて実施された、説明会を兼ねたダイアログ(facebook.com)に参加してきました。共催企業のダンクソフトさん特別編として、「新しい働き方に、対話と協働は不可欠か?」をテーマに実施しました。


インターミディエイター講座2024説明会&ダイアログ(5月14日開催)

ダイアログは、2024年5月14日(水)19時半から、オンラインで実施されました。私を含め、全国から10人の方々に参加いただきました。私の緊張をも和らげる、あたたかな雰囲気と会話で始まりました。


学生は、私ともう2人が参加していました。普段経験することのない環境に、はじめは戸惑いながらも、始まると皆様があたたかい会話とともに歓迎してくださいました。



会が始まると早速、「インターミディエイター」について、事務局の松原朋子さんがお話ししてくださいました。


インターミディエイターとは、「未来の中核的存在」、「異なる世界をつなぐ」、「失われたものを修復そして再生すること」…。聞きなれない言葉の数々だった一方で、不思議と既視感がありました。

私は人と人をつなぐデザイナーとなるべく、大学で日々学んでいます。「インターミディエイター」とは、遠い存在ではなく、学生も大人も、すべての人が属する、社会的役割なのだろうと感じました。


松原さんのお話はインターミディエイターの「5つのマインドセット」へ。頭と心の働かせ方「マインドセット」のお話の中で、特に新しいと感じたのは「3焦点思考と多元的思考」です。

「多元的思考」とは、男・女、意見A・意見B、Yes・Noというように、2つに分ける2元論的な思考ではなく、男・女に加えてLGBTQ+、意見A・Bだけでなく、意見C・D・Eというように、新たな視点の提案など、物事を多角的にとらえること。

この考えは、学生である私にも大切なことだと感じました。柔軟な思考は新たな可能性や未来を生むことに繋がる、これからの未来に必要な要素だと、近くの紙にメモを残しました。

インターミディエイターに必須な5つのマインドセット一覧

続いて、共催企業であるダンクソフト代表取締役の星野晃一郎さんから、「今後のオフィスの在り方とデジタル化」についてお話を伺いました。


ダンクソフト代表取締役の星野晃一郎さん

なかでも、“若い考えの人と協働し広げていく”、というお話は心に残りました。

私が高校生の頃、社会のことについて考える授業がありました。その中で先生がよくおっしゃっていたのが、若い人が政治に関心がないことを受けて、若い人の考えが必要だということ。しかし、私は、年齢は関係なく、柔軟な考え方を持っている人や、それを生かし行動できる人こそ社会に必要だと考えていました。星野さんの言葉のすべてが新しく、共感しました。


最後に、ダンクソフト開発チーム マネージャーの竹内祐介さんから「あたらしい働き方」について、竹内さんの人生と照らし合わせながらお話を伺いました。


ダンクソフト開発チームマネージャー竹内祐介さん

あたらしい働き方とは「好きな仕事を」「好きな場所で」「好きな時間に」という働き方の多様性です。大学でデザインを学んでいる私には、魅力的でときめくようなお話でした。近年、デザイナー業はデジタル化が進んでおり、働く場所や時間を自由に有効活用できているケースが増えていると感じます。


私がこれから生きていく未来を「あたらしい働き方」で実現することができたのなら、未来とは明るく、人と人が協働し、対話がたえない世界になると考えました。


ダイアログに参加された皆さんのスクリーンショット

ダイアログ開催日:2024/5/14

執筆:竹原こはる

編集:松原朋子

Comments


bottom of page