インターミディエイター のイメージ

いま組織も社会も、いたるところが切れ切れになっています。

ですが、ビジネスも、地域も、およそ人間の共同社会は

関係の網の目」のなかで成立しています。

だからこそ、その「あいだ」に立って、失われたリンクの数かずを

修復、再生、再創造するモノやヒトが必要です。

こうした「あいだの知」を担う媒介役を

 インターミディエイター( intermediator )」といいます。

誰かの 上か前 に立とうとする “ 強いリーダー ” とは異なる役割です。

 

しかし、新たな需要が生まれ、社会や歴史が動き出すプロセスには、

異なる領域を媒介し、互いの違いを十分認めながら

対話と協働 を促進し、

それまでにない変化を起こす人たちが躍動してきました。

インターミディエイターとは?

What is the Intermediator ?

未来社会の中核的存在となる

「インターミディエイター」。

異なる世界の「あいだ」に立ち、

さまざまな次元で異なる領域を媒介し、

対話と協働をうながすモノやヒト。

 

あらゆる「あいだ」から両側を活かし、

新たな需要と未来を創り出す存在です。

インターミディエイター
育成の必要性

いま世の中には、「リーダー育成」に関する講座ばかりが

あふれています。

 

人々のあいだに立ち、異なる人々を結び、

物事を創造・展開する「インターミディエイター」については、

その能力を高めるための講座の機会がありません

「インターミディエイター」の役割を

可視化し、育成し、

さらにその能力を活かすことは、

いまや「時代の要請です。

「対話と協働」により

さらなるビジネス成果を創出すること

よりよい協働社会を構想することが、

これからますます重要になっていきます。

COLUMN

マーケティングの新展開

 

企業が単独で価値をつくりだしているという発想は、もはや有効ではなくなってしまいました。より現代的な意味での「マーケティング」とは、供給サイドだけが生みだすのではなく、需要サイドも参加して、ともにあたらしい価値を生みだす協働作業、ないし多数多様なアクターが関わり合う創造的な離合集散のプロセスです。需給両者の関わり合い、のみならず第3者による参加・関与と、それを超えた社会的ネットワーク、さらに自然界を含めた、より広く複雑な、流動する関係の網の目から、有効な解決策も、地域や生活革新の方法も、あらたな価値も湧きでてくるようになりました。

 

「インターミディエイター」は設樂剛事務所の登録商標です

©  SHIDARA & ARCHIPELAGOs  2015

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon