top of page
marble-white.jpeg

NARRATIVES
BY INTERMEDIATORS

  • 執筆者の写真インターミディエイター事務局

【お知らせ】5/6、公開Dialogueを開催します



誰もが誰かの「かけがえのない存在」となるコミュニティ - Dialogue with Intermediators - #7 のご案内画像

【ビジネスの未来を創る「物語」 - Polyphony #10

─ Dialogue with Intermediators ─


雨風をしのぎ、飢えから逃れ、安心して眠りたい。少ない手間暇で物をつくり、短い時間でより遠くに移動したい。色んな人と繋がって交流したい。自分の思いや考えを表現したい。私たちが日々の生活で抱く課題は多種多様であるのと同時に、課題を解決する事業(ビジネス)のあり方もまた多種多様です。


生活者のどんな課題をどういった方法で解決し、どのような社会を実現するのか。そうした活動の担い手たるチーム・メンバーはどのような価値観を持ってどう行動するのか。営利・非営利、法人形態の違いはあれど、あらゆる事業体がそれぞれの「物語」をもって動いています。


生活者の課題が複雑化・多様化した現代社会においては、商品の価格や機能を他社と「競争」したり、すでに表面化・顕在化したニーズに「対応」したりするだけの事業体は行き詰まりに至ってしまい、その多くが「物語」の編み直しを迫られています。そうした中で、いまや多くの企業が、ビジョン、ミッション、パーパス、行動指針やカルチャーの重要性を語ったり、それらの策定や見直しを試みたりしています。


しかしその一方で、「掲げる言葉が変わっただけで、日々の活動は変わらないまま」「経営陣と従業員が対話できないまま、上意下達でビジョンが決まってしまった」など、「物語」と「実践」の乖離や矛盾に悩まれている方も少なくないのではないでしょうか。


空虚なスローガンやキーワードづくりに終わらず、働く一人ひとりをエンパワーし、よりよいチーム、よりよいビジネスを創り出すために、私たちはどのように「物語」を紡いでいけばよいのでしょうか。


「あいだ」の知の担い手として、さまざまな領域で実践を続ける「インターミディエイター」たちと共に、これからの協働社会を描くダイアログ第10回は、ビジネスの未来を創る「物語」をテーマにお話します。


1人1人が心身ともに健康で、安心して生きられる社会を創ることを目指して、複数のスタートアップ企業の人事や組織づくりに携わるオフィス・アペゼ代表の伊藤優さん、富士通Japan株式会社徳島支社長として、徳島県の方々との対話とコミュニティづくりを通した「地域課題解決型ビジネス」に取り組んだのち、4月から富士通株式会社CEO室で「神山まるごと高専」のプロジェクトに携わる濱上隆道さんの実践をお聞きします。ナビゲイターは鈴木悠平さんです。


スピーカー3名のみならず、Zoomにお越しくださる皆さんとも共に、「多声的」な対話の場=”Polyphony(ポリフォニー)”を開きたいと思います。ぜひあなたのお声をお聞かせください。


■概要

・日時: 2023/5/6 (土) 20:00-21:30

・参加費: 無料

・お申込み: ご参加希望の方は以下のフォームにお名前、ご連絡先、イベントへのご関心などをご入力の上、送信ください。



★申し込みフォーム



・参加方法:

上記の申込フォームに記入してから、以下のZoomURLにお入りください

Zoomミーティングに参加する

ミーティングID: 827 1150 8171

パスコード: 673361


■タイムテーブル

19:50-20:00 Zoom入室

20:00-20:05 オープニング

20:05-20:35 スピーカー3名の自己紹介・活動紹介

20:35-21:05 スピーカー3名でのダイアログ

21:05-21:20 質疑応答・参加者全員でのダイアログ

21:20-21:30 クロージング・お知らせ



■スピーカー


★伊藤 優さん オフィス・アペゼ代表

都市銀行、福祉領域企業(人事・財務)、外資コンサルティング企業での勤務を経て独立。現在は、複数のスタートアップ企業の人事の伴走支援、海外ルーツの方向けの就労支援などに従事。原点にあるのは、大学4年次に滞在した西アフリカのトーゴで「精神的な豊かさ」の大切さを感じたこと。そして、自分自身がメンタルヘルス不調に悩んだ時期に、社会の中で安心して頼れる場所の必要性を実感したこと。「働くこと」のサポートを通じ、1人1人が心身ともに健康で、安心して生きられる社会を創ることを目指している。https://www.intermediator.jp/yu-ito


★濱上 隆道さん 富士通株式会社CEO室 CDXO Division シニアマネージャー

29年間の東京本社での勤務を経て、2020年4月より徳島に着任。これまでの製造業担務から地域での公共サービスを中心にマーケティング、ビジネスプロデューサーとして活動。これまで経験のしたことのない領域へのチャレンジをはじめ、「地域課題解決型ビジネス」のプロジェクトを立ち上げ活動を開始。徳島県の方々とのコミュニティづくりを重ね、開かれた対話を通じた地域イノベーション創出に寄与。2023年4月からCEO室にて、徳島県神山町に新設された神山まるごと高専の協働推進担当に就任。


★鈴木悠平さん 文筆家 株式会社閒 代表取締役

東日本大震災後の地域コミュニティの回復と仕事づくり、学ぶことや働くことに障害のある人や家族を支援する企業での現場支援や研究開発、メディア運営等を経験したのち独立、2020年に株式会社閒を設立。医療的ケアニーズや重度障害のある人たち、罪を犯して刑務所に入った人や出所した人たち、精神疾患や依存症のある人たちなどのリカバリーや自立生活に向けた支援に携わりながら、「生活を創造する」知と実践の創出・展開に取り組む。



当日お目にかかれますことを楽しみにしております。


Comments


bottom of page