発酵シェアハウスへの挑戦 ~目に見えない微生物と対話する~

はっこうちゃん。(frascope株式会社 代表取締役)


#発酵 #天然発酵 #微生物 #自然 #神崎町 #発酵シェアハウス #はっこうちゃん

直感的に魅了された天然発酵


 「発酵」とは何か。それは微生物の働きにより、物質が変化し、人間にとって有益な物質を作りだすこと。食べ物から医薬品、燃料まで広く活用され、浸透している。実は、発酵を避けて一日を過ごすことが出来ないくらい、私たちの生活は発酵の恩恵を受けている。食に関する発酵の方法は大きく2パターンある。効率重視で菌を添加して行う速醸的発酵と、自然界に存在する微生物の力で行う天然発酵だ。大量生産、安定、スピードを要する場合は前者が好まれ、後者は少量生産で時間をかけて行われることが多い。発酵がもたらす変化は両者共に面白いのだが、私が直感的に魅了されたのは、自然界にいる微生物中心の天然発酵だった。



発酵道の“エンパシー”と“エンパワメント”


  天然発酵を実践している自然酒造りの酒蔵23代目当主で、今は先代となった寺田啓佐氏がひたすらに求めていたのは、いのちが喜ぶ発酵だ。彼の著書には「発酵道」という言葉が記されている。「私たちは一人で生きているのではなく、その進化の過程でずっと微生物とともにあり、これからも微生物とともに生きて行く」。人間だけでなく、人間以外の他者、微生物の立場を思い、たえず動き続ける彼らへ強い関心を持ち続けること。目に見えない微生物を感じ、その喜びを生業に込めること。こうした互恵的ネットワークを意識的に拡張していくエンパシーの発想に感銘を受けた。


  私は積極的に働きかけ、幸いにして先代とご縁ができ、幾度も対話をする機会をいただいた。「お米を作ったことはありますか?」。先代は、発酵に興味があるならお米を知るべきだという。酒蔵のある千葉県の神崎町は「発酵の里」をテーマに町おこしをしている。そこには機械を使わず、化学肥料や農薬も使わない、アナログな自然栽培のコメ造りをしている仲間達がいると紹介され、私も週末ファーマーを始めた。カエルの声に囲まれての田植えや草取りは新鮮で、自分の精神バランスを保つために欠かせないイベントになっていった。




答えを誘導しない問答と、予想外の視点の共有


 週末のコメ造りのおかげで月曜日をリフレッシュして迎えられるようになった。多忙ではあるが、元気な私を見た同僚や後輩が「元気の秘訣は何ですか?」と聞いてくるようになったのも同じ頃だった。自分が共感している発酵やコメ造りのことを伝えると、自発的に「参加してみたい!」という仲間が増えていった。田植えや草取りをしながら交わされる素直な対話から、どれだけの生きるためのヒントをもらっただろうか。都会で職場仲間と外食しても得られなかった関係を築くことができた。自然の中で私たちが交わしていた対話は、答えを誘導しない問答であり、行きつく先は予想外の視点の共有。先代に学んだエンパシー込みの発酵の考え方のおかげだ。


 神崎でもっと長く時間を過ごしたいと思いはじめた頃、残念ながら先代は世を去ってしまった。同じ頃、神崎の空き家を直して貸したい人がいるとの情報を得る。田舎では空き家は多いが、所有意識が強く、貸し家が非常に少ない。地元の人と話しあった結果、神崎在住ではない私が借りて、シェアハウスを運営する案が浮上した。考えてもみなかったが、乗り掛かった船だ。神崎で寝泊まりしたかった私はシェアハウスの船に乗ることにした。自分の発酵に対する姿勢が、「他律」から「自律」的にならざるを得なかったというのが正直なところだが、それは先代のエンパワメントによるものだ。



速譲的発酵と天然発酵の「あいだ」で


 「発酵シェアハウス」は紆余曲折を経て、定員を満たすことよりもシェアハウスの在り方を共感できる仲間が心地よい時空間を過ごせることを優先するようになった。生活の中で如何に生態を理解し、共存共栄し暮らしていくことができるのか。私たちが自然をないがしろにしてきた事で起きている様々な問題に対して、今、自分たちが出来る日々の事は何だろうか。人間とは何か。いかに生きるか。こうした思考起点を共有する機会となった。今の発酵シェアハウスは「魂が喜ぶ台所仕事研究家」のAさんを中心にお料理教室や定例会なども行われ、気持ちの良い空間になっている。日々目に見えない微生物を感じ、その喜びを生業に込めること。これは、「速譲的発酵」と「天然発酵」の「あいだ」から私が学びはじめた思考起点としての「発酵」かもしれない。





活動分野: 思考起点としての「発酵」の探求

発揮したインターミディエイターのマインドセット:

 ☑3分法思考/多元的思考

 ☑エンパシー能力

 □多様性・複雑性の許容

 ☑エンパワリング能力

 ☑対話能力

 □物語り能力

 □エンゲイジメント能力



Certified Intermediator


はっこうちゃん。

frascope株式会社

代表取締役


東京都生まれ。発酵現象は微生物がおりなす芸術だと感じている発酵研究人。発酵の原点は「食べることが、好き」。中学時代は朝食の味噌汁、高校時代は部活の合間にレーズンから酵母を起こし、パンを作ることが生活の一部になっていた。

社会人になってから、美と健康に関わるグローバル企業にてブランディング・マーケティングに従事。中国・フランスにも駐在し、ダイバーシティへの理解を深めた。

のち、独立。「発酵」を思考起点として捉えて、”食のワークショップ”だけでなく、”発酵するブランディング”、”発酵する対話”、”発酵するライフスタイル”を探求している。






「インターミディエイター」は設樂剛事務所の登録商標です

©  SHIDARA & ARCHIPELAGOs  2015

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon